Loading...

TRAILER
TRAILER
INTRODUCTION

世界的に高い評価を得た『犬猫』(01)(04)や『人のセックスを笑うな』(07)、『ニシノユキヒコの恋と冒険』(14)などで知られる井口奈己の新作が完成。エグゼクティブ・プロデューサーとして金井久美子、金井美恵子から「短編『だれかが歌ってる』(19)の、こどもが暴れる映画」を提案されたことをきっかけに制作は始まった。2020年に宮崎県で開催された「こども映画教室」でのワークショップの様子を捉えた初のドキュメンタリー映画『こどもが映画をつくるとき』(21)に続いて、常に予想のつかないこどもたちのゆかいな行動が笑いを誘い、エネルギーは暴走し、幼稚な倒錯と暴力がはびこる。これまでにない大胆かつ軽やかでパワフルな冒険映画が完成した。第36回東京国際映画祭NIPPON CINEMA NOW部門 公式出品作品。

STORY

20XX年。世界では左利きを媒介するウイルスが蔓延し、こども警察による厳しい取り締まりが行われていた。 行方不明になった姉を探す神戸りんは、その足取りを追うなかで“運命の人”と出会い「世界を変えていく」と意気込んでいくのだが……。

DIRECTOR
監督|井口奈己

1967年、東京生まれ。在学中に、矢崎仁司監督『三月のライオン』の現場に録音助手として初参加。その後、黒沢清監督『地獄の警備員』など、数々の映画で録音助手や助監督を務める。1997年、はじめての自主映画に着手。完成までに4年を要した『犬猫(8mm)』は、PFFアワード2001で企画賞(TBS賞)を受賞し、8mm映画作品としては異例のレイトショー公開され、第12回日本映画プロフェッショナル大賞新人監督賞を受賞。2004年、『犬猫』を35mmでリメイクし、第22回トリノ国際映画祭で審査員特別賞、国際批評家連盟賞、最優秀脚本賞を受賞した他、女性監督として初めて日本映画監督協会新人賞を受賞。2008年に監督・脚本を手がけた2作目の『人のセックスを笑うな』が公開。2014年『ニシノユキヒコの恋と冒険』が公開、他に2019年短編『だれかが歌ってる』。2021年『こどもが映画をつくるとき』は初のドキュメンタリー作品。

CAST
名古屋 愛|神戸りん役

1999年生まれ。東京都武蔵野市出身・在住。青年団。青春五月党。 過去出演作に、青年団『ソウル市民』、青年団若手自主企画、Pascal Rambert演出『GHOSTs』『KOTATSU』、青春五月党『町の形見』、東葛スポーツ『パチンコ(上)』など。

北口 美愛|三田ゆりか役

1996年、イギリス生まれ。飛騨高山育ち。 NHK『玉音放送を作った男たち』、劇団献身『俺は大器晩成、~四十にして大輪を咲かせる予定~』、井口奈己監督『だれかが歌ってる』、その他バラエティ番組など幅広く活動。現在はフードライターの仕事もこなしながら子育てに邁進している。

松本 桂|明石翔平役

1997年、東京生まれ。『SWEET BUSINESS』『THE AWFUL STORIES』などの短編映画を監督し、絵画作品の制作も行なう。福間健二監督『パラダイス・ロスト』に出演及び監督助手として参加。現在は東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻に在籍しながら、映像作品の制作と研究をしている。

併映作品『だれかが歌ってる』
併映作品
『だれかが歌ってる』

いつもの街角、どこからともなく聴こえるメロディ。何気ない日常のなかで重なる「偶然」が人の想いを繋いでいく。『こどもが映画をつくるとき』そして『左手に気をつけろ』へと続いていく、井口奈己監督が自身の持つ興味の本質を模索するかのような根源的作品。

出演|森岡未帆、川井優作、秋谷悠太、北口美愛、細海魚、新居昭乃、山口一郎
監督・脚本・編集|井口奈己 撮影・仕上げ|鈴木昭彦 絵|山口一郎 音楽|細海魚
2019年|30分|日本 ©naminoripro2019

出演|森岡未帆、川井優作、秋谷悠太、北口美愛
   細海魚、新居昭乃、山口一郎
監督・脚本・編集|井口奈己
撮影・仕上げ|鈴木昭彦
絵|山口一郎 音楽|細海魚
2019年|30分|日本 ©naminoripro2019

COMMENT

左手に気をつけろ
コロナに対してのアンサー映画を世界中で誰が撮るのかと思っていたら、
井口奈己監督がこれほどストレートでやさしくパワフルなものを見せてくれるとは。

いがらしみきお|漫画家

左手に気をつけろ
ヌーベルバーグ作品に初めて触れた若き日のように、静かな高揚感を抱きつつ繰り返し観て。
こども警察、運命の人、左手のユートピア、東京の風景、人口9割を占めるという右利きの自分……
のびやかで奔放な井口監督ワールドについて、今すぐ誰かと話したくてたまらない!

甲斐みのり|エッセイスト

左手に気をつけろ
「御用だ」の声が微笑ましく聞こえてしまうことに、心がざわつく。
子どもたちの声だから、というだけではない。
一見何事もなさそうな一日が描かれるので、
その声と置き換えられる現実が、私たちの身の回りに溢れていることを思い起こさせるのだろう。

小森はるか|映像作家

左手に気をつけろ
「御用だ」の声が微笑ましく聞こえてしまうことに、心がざわつく。
子どもたちの声だから、というだけではない。
一見何事もなさそうな一日が描かれるので、
その声と置き換えられる現実が、私たちの身の回りに溢れていることを思い起こさせるのだろう。

小森はるか|映像作家

左手に気をつけろ
映画本編が終わっても、こども警察たちの活躍を最後まで見届けた気になるのはまだ早い。
ACE COOL監修によるエンディング・テーマ「御用だ!」にて
更なるこども警察の躍進を"聴き"届けろ!

Jinmenusagi|ラッパー

左手に気をつけろ
映画本編が終わっても、こども警察たちの活躍を最後まで見届けた気になるのはまだ早い。
ACE COOL監修によるエンディング・テーマ「御用だ!」にて更なるこども警察の躍進を"聴き"届けろ!

Jinmenusagi|ラッパー

左手に気をつけろ
ついに井口監督が「女が男を追う映画」を撮ってしまったのか?と心配になったが、最後まで観ると、女が追いかけていたのは何かもっととんでもなくスケールのでかいものだったことに気付かされる。
なんという越境!

澁谷浩次|yumbo

左手に気をつけろ
空色の美しさがとても印象に残りました。
それは、左手の色だったのではないかと、見終わった後、あたたかい気持ちで思いました。

中島京子|小説家

左手に気をつけろ
ワーッ! と弾けてあまりに楽しそうな、しかし決して「可愛く」はない、むしろ恐ろしい子供たち。
非日常セッティングでばっちりかますマダムロス。
好きなタイプの冒険です。

野中モモ|翻訳者・ライター

左手に気をつけろ
ワーッ! と弾けてあまりに楽しそうな、しかし決して「可愛く」はない、むしろ恐ろしい子供たち。
非日常セッティングでばっちりかますマダムロス。好きなタイプの冒険です。

野中モモ|翻訳者・ライター

だれかが歌ってる
たったいま、『だれかが歌ってる』拝見しました。
開始一分から涙が流れ、終わりには滂沱のありさま。
これは、晩期高齢者のいま、ひたすら涙もろくなっていることだけでは説明のつかないショットの力だと確信しています。

蓮實重彦|映画評論家

だれかが歌ってる
たったいま、『だれかが歌ってる』拝見しました。開始一分から涙が流れ、終わりには滂沱のありさま。
これは、晩期高齢者のいま、ひたすら涙もろくなっていることだけでは説明のつかないショットの力だと確信しています。

蓮實重彦|映画評論家

左手に気をつけろ
待ち焦がれていた井口奈己監督の新作。
映像と音のリズムがひたすら心地よく、不意に現れたユートピアはなんとも不思議で美しかった。

早川千絵|映画監督

左手に気をつけろ
ロードムービーに大仰な距離はいらない、いくつかの写真と景色と素敵な横移動があればそれでいい、と高らかに教えてくれる。
そして、映画史への数々の引用符を吹き飛ばすような破壊と包摂のラストに唖然とした。

深田晃司|映画監督

左手に気をつけろ
ロードムービーに大仰な距離はいらない、いくつかの写真と景色と素敵な横移動があればそれでいい、と高らかに教えてくれる。
そして、映画史への数々の引用符を吹き飛ばすような破壊と包摂のラストに唖然とした。

深田晃司|映画監督

左手に気をつけろ
ずっと待っていた井口奈己監督の新作は、なんてキュート!見れば見るほど楽しくなる。
御用だ!御用だ!と走るこども警察を、のどかな世田谷線の車窓から見守りたい。

藤野千夜|小説家

左手に気をつけろ
ずっと待っていた井口奈己監督の新作は、なんてキュート!見れば見るほど楽しくなる。
御用だ!御用だ!と走るこども警察を、のどかな世田谷線の車窓から見守りたい。

藤野千夜|小説家

左手に気をつけろ
覚悟の春。スクリーンに来た子供たちが走り去る。線路が誘う。
隣人を運命の人として愛する者の前にだけ現れる、思いがけない左手の世界。
マダムロスの叫びを目撃せよ!

細馬宏通|行動学者

左手に気をつけろ
陰鬱な顔! それでも笑っちゃう場所へ、大人が探すでなく子どもが連れ去ってくれる。
でかくてわちゃわちゃした声にまきこまれ、コロナ禍のあの(冗談みたいな)生真面目さからもようやっと解放された気分だ。

山本浩貴|小説家・デザイナー・いぬのせなか座主宰

左手に気をつけろ
陰鬱な顔!
それでも笑っちゃう場所へ、大人が探すでなく子どもが連れ去ってくれる。でかくてわちゃわちゃした声にまきこまれ、コロナ禍のあの(冗談みたいな)生真面目さからもようやっと解放された気分だ。

山本浩貴|小説家・デザイナー・いぬのせなか座主宰

左手に気をつけろ
スクリーンを躍動するこどもたちを楽しんでいたはずなのに、
いつの間にか彼らがどこかうすら怖い存在に見えてくる不思議さ。
こどもと映画の親和性の高さをよく知る井口監督だからこそ撮れる映画。

横浜聡子|映画監督

* 敬称略/順不同

THEATER
   
都市 劇場 公開日
東北
仙台市 フォーラム仙台 近日公開
関東
渋谷区 ユーロスペース 2024/6/8(土)-
高崎市 シネマテークたかさき 近日公開
甲信越静
上田市 上田映劇 2024/8/2(金)-
中部北陸
名古屋市 ナゴヤ・キネマノイ 近日公開
金沢市 シネモンド 2024/7/6(土)-
関西
大阪市 シネ・ヌーヴォ 2024/8/24(土)-
京都市 出町座 2024/8/23(金)-
神戸市 神戸映画資料館 近日公開
九州沖縄
宮崎市 宮崎キネマ館 2024/7/19(金)-
『左手に気をつけろ』

出演|名古屋愛、北口美愛、松本桂
監督・脚本・編集|井口奈己
撮影・仕上げ|鈴木昭彦
音楽|Yuke Myras、大滝充
エグゼクティブプロデューサー|金井久美子、金井美恵子
プロデューサー|大滝薫子、大滝雅之、増原譲子
制作プロダクション|合同会社ナミノリプロ
製作・配給|一般社団法人文化振興ネットワーク
全国巡回協力|一般社団法人コミュニティシネマセンター
©文化振興ネットワーク、CULTURAL DEVELOPMENT NETWORK

2023年|43分|日本